競技ルール    

種 目 
参加資格は大会当日現在の年齢が35歳以上。(2009年11月28日 満35歳以上)
カテゴリー 年齢 距離 参加資格
Aクラス 
@男 E女 
35歳から45歳以下 21km 大会当日当日の年齢が35歳から45歳以下
Aクラス
A男 F女
46歳から55歳以下 21km 大会当日当日の年齢が46歳から55歳以下
Aクラス
B男 G女
56歳から 21km 大会当日当日の年齢が56歳から65歳以下
スーパーシニア
C男 H女
66歳から 5km 大会当日当日の年齢が66以上
Bクラス
D男 I女
35歳以上 5km 大会当日35歳以上で、21kmは長いという人向け
カテゴリー@AB21kmハーフマラソンは同走になります。
カテゴリーEFGで合計10名に満たないは場合、@ABと同走になります。
カテゴリーCHは、同走になります。
カテゴリーDIは、それぞれ10名に満たない場合、同走になります。
同走の場合でも、表彰は別々に行われます。

カテゴリーD、Iのレベル基準は特にありません。
ダブルエントリーはできませんのでご了承下さい。


表彰について
カテゴリー 年齢 距離 対象の順位
@男E女 35歳から45歳以下 21km 1位から3位まで
A男F女 46歳から55歳以下 21km 1位から3位まで
B男G女 56歳から 21km 1位から3位まで
C男H女 66歳から 5km 1位から3位まで
D男I女 Bクラス 5km 1位から3位まで
各カテゴリー男女別々に表彰されます。(男子の1位から3位、女子の1位から3位)

大会のコース
熊谷スポーツ文化公園インラインスケート場、外周特設コース
1周 1km

黒い線と矢印が滑走するコースになります。
図よりも緩やかなコース作りになっており、コースアウトしにくい形になっていますが、無理にコーナーを攻めると、通
常のコーナー同様危険です。無理をせず実力に合ったコース取りをお願いします。
水色の線は、リンクや元の状態のコースです。バックストレートでコース上にパイロンを設置してあります。
赤い線がスタート、ゴールになります。

バックストレートに戻る斜めのストレートで、排水用の蓋と蓋の穴があります。
視覚的な恐怖感がありますが、蓋の穴に向かって斜めに滑る為、穴にはまる危険はありません。

スタート方式
パレードスタートで行います。
スタートの号砲が鳴り最初の1周は、先導員の後方10m以上の間隔を開けてスローペースで周回し、1周した後に
レースが始まります。
その間、先導員を追い抜く事が無いようにお願いします。万が一追い抜いた場合は失格の対象になります。
選手間での追い越しは可能ですが、無理な割り込みや接触などが無いようにお願いします。
また、スピードを上下させ、ブレーキをすると後方の選手が危険になります。先導員のスピードに合わせブレーキはし
ないようにお願いします。



走行コースについて
熊谷リンク外周の特設コースになります。
1周kmのヘアピンコーナー、右コーナーもあるサーキットのようなロードコースです。


オミットについて
周回遅れのオミットはありません。ただし、走行の妨げとなる場合、競技スタッフの指示に従ってレースを一時中断し
ていただくこともあります。その場合、タイムは加算されてしまいますがご了解ください。

●制限時間
21kmの時間制限は、70分とさせていただきます。
ラスト1周で70分を超えた場合は、その周で終了になります。(先頭のゴールは40分程度と思われます)
5kmの時間制限は25分とさせていただきます。
ラスト1周で25分を超えた場合は、その周で終了になります。(先頭のゴールは10分程度と思われます)

接触等について
他の選手を故意に押したり、引いたり、助けたりすることは禁止します。
失格になる場合があります。

持ち物について
飲料ボトルの持ち込みは可ですが、コース上に捨てたり落としたりすることが無いようにお願いします。
レース中、飲み終えたボトルは所定の位置に置いてください。レース後、必要のないゴミでも、必ず自分で回収する
ようにお願いします。
万が一ボトルがコースに落ちてレースに影響する場合は、故意でなくても失格の対象になります。
工具等の一切の持ち物を禁止します。
万が一ウィール、フレームが外れてしまった場合は、走行を止め、コースで閉めなおしを行ってください。
コース外に出た場合は、必ず同じ位置からやり直してください。
休憩の為のコースからでる行為は禁止します。

追記のご注意

●走行位置について
左側通行を原則とします。原則的に縦一列のスケートを心がけ、横に広がらないようにお願いします。

●周回遅れの追い越しについて
周回遅れの追い越しは、抜かれる側がインコース、抜く側がアウトコースからお願いします。
あくまでも原則なので、臨機応変に対応してください。

周回遅れがある場合、危険防止の為に、追い越す選手は遠くからあらかじめ追い越す選手に声をかけて下さい。
その時に、威圧的にならないようにお願いします。
また、大きな声で声がかかる為、威圧的に聞こえてしまう場合もありますが、どうかご理解ください。
お互いに気持ちがよくレースが出来るようにご理解をお願いします。

最終周の注意
先頭集団と周回遅れの選手がゴール前に重なると、危険が生じます。
ゴール前で重なる恐れがある場合、周回遅れの選手にコース外で待機していただく事がございます。(約数十秒に
なります)

プロテクター、ヘルメット
ヘルメットは必ず着用してください。カスク、キャップなどは認められません。
また、当日のレンタルもございませんので、必ずお持ち下さい。
プロテクターは各自のレベルに合わせて、着用下さい。



- 正式区間を離脱して走る行為は失格となります.

- 年齢を偽ったり、代理参加が発覚した場合は失格となります.

-ゼッケンを正しく着用しない場合は、失格となります。
.
- ゴール線を正確にパスしない場合は失格となります

- レース中、他人からどんな形態の助けを受けることは禁止です。.

- 大会時間を超過した参加者は失格となります。

結果表、プログラム、肖像権について
大会中に撮影されたご自身の写真、ビデオ等は当ホームページで公開される事があります。
大会中に撮影された写真が、当ホームページ以外のウェブサイト、ブログ、メディア等で紹介される場合もございます
が、当大会では全てを関知できず、一切責任は負いません。
結果表、プログラムで氏名が公開されます。(住所などの個人情報は掲載されません)
個人情報を2次利用、商業目的で使用されることはございません。

プログラム、結果表に掲載される情報
氏名 所属クラブ 順位 タイム ゼッケン番号 カテゴリー

どうか、ご理解いただけますようよろしくお願いします。


エントリーはこちら



top
back